ブログ

アカクラゲ?

 

DSC_0066

水産外販部 伊澤です。

本社前の岸壁で、初めて見る人でも「毒を持っている」とわかるほど毒々しいオーラを放っているクラゲを発見しました。調べてみると「アカクラゲ」!刺されると激しい痛みが走り、みみず腫れなどの症状が起こります。ショックから呼吸困難になることもあるそうです。刺された場合は擦らず摘まむように触手を取り除きましょう。酢やアルコールは症状を和らげるのに有効だそうです。アカクラゲは関東地方では4月~5月にかけての出没が一般的とされていますが、海水温度が冷たいせいか7月に入ってもいることがあります。これから海水浴シーズンとなりますが、アカクラゲの毒性は非常に強いのでくれぐれも注意しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る